幼児教室を利用する~子どもの成長をサポート~

どんな役割があるのか

総合的に優れた子供へ

ゆとり教育の見直し以来、今日の教育現場では様々な変化が現われています。学習内容や授業時間の増加と共に、子供達に「生きる力」を育む取り組みが行なわれるようになってきました。 この取り組みとは、学力はもとより、体育や心を育てることを目標としています。このバランスの取れた教育を行なうことで、人間的にも能力的にも優れた人材へと子供達を育むことを目指しているのです。 この「全人格的」にも優れた子供を育成するためには、学校の場だけでは不十分になります。今日では、従来にも増して「家庭教育」の重要性が唱えられるようになっています。子供を育てることを「公の場」だけに任しておくのではなく、親や家族の協力の下での教育が、最も大切なことであると広く認められているのです。

「幼児教室」の役割とは

「優れた子供に育てる」ためには、親や家庭の協力が必要なことは言う間でもありません。「家庭での取り組み」が重要視される中、近年では「幼児教室」が注目を集めています。「幼児教室」と言うと、「知識の詰め込み」というイメージが根強くあります。しかし、今日の「幼児教室」では、知的側面の取り組みだけを重視しているのではありません。様々な取り組みを行なうことで体験を積み重ね、1人1人の才能を引き伸ばすという働きかけが行なわれているのです。取り組みの多くは、「親子」での協力が必要になります。基本は、「親と子」の働きかけです。このような働きかけを通して「心」の教育を行い、「心根」の優しい子供へと育くんでいるのです。「幼児教室」は、特別な場所ではありません。自立した立派な1人の人間へと成長させるために、子供達を育んでいるのです。「幼児教室」は、勉強ができる子供を育てているのではありません。全人格的に優れた人材へと導いているのです。